落ち着く場所

  • 2020.05.29 Friday
  • 19:46
こんないいお天気は…
海ー!!
という事で、お休みの夫を無理くり(;'∀')誘って、ピザをtake out
もちろんビーチサンダルとタオル持って😁
ここを抜けると
海〜〜!
膝下まで、つかる⤴️😊
桜貝
ここは、ほんとに良く泳いだエリア。誰も居ないー。
今年は海開きないんだもんね😥 
そしてテラス席のあるようなお店が人気でるかも。
それにしても、気持ちよさ過ぎる😍😍
この話を先にFBに上げたら皆さんのコメントの傾向がご主人とデートみたいな風になったのだけれど、ん??なんで?と思ったら、場所が「海」だったかららしいです。大阪や京都の街中の方的には、海は非日常なんだとか(;'∀')
神戸人にとっては海は日常なのだ。
特に明石の藤江、松江海岸から須磨海岸までいくつも泳げるビーチ、メジャーからマイナーまであるしね。
なので、お家ご飯作るのに飽きて、海に行っただけなのに、すごいイイねされてびっくりしてしまった。
神戸って、海も山も近い。
それは本当に贅沢なことだと、この時期になると、よりそう思います。
しかし、海の家がない今年。さみしいことです。泳げるかな〜今年。

夏のような

  • 2020.05.23 Saturday
  • 20:04

良いお天気でしたよね。

 

古民家サロンに行って、お庭の手入れとお茶会やお話会に使っているお部屋を夏用に簡単に模様替えを行ってきました。

 

 

自粛要請は解けましたが、まだしばらく様子見です。

距離をとって、マスクして、少人数の会ならできるかなあとは思うのですが。。

会をするときはいつも、お茶とお菓子の時間をある意味大切にしていたのですが、考えないといけないですね。。

スーパーみたいにビニールを立てる?なんて考えたりもしたり、でもそれでは意味があまりないしなあと。

このウイルスは本当にわからないことばかりなので、

手探りですねえ。

 

土星水瓶座で逆行中、双子座ドラゴンヘッド、12月22日に向けて、新しい時代のコンタクトの仕方、仕事のあり方、

皆が手探りです。

 

サロン帰り、漁港の近くを少しぶらぶら、

 

 

夏のようなお天気ですね。

 

 

アウトレットの方は、土曜日の時点では、まだopen していないようでした。

 

 

 

 

一歩一歩、

 

ですね。

双子座新月

  • 2020.05.23 Saturday
  • 10:30
翼を下さい〜♪
って合唱曲、懐かしいですね😊
というわけで急遽、近くにある翼のあるものを集めて撮ってみました。シンボルは目にするだけで良いのですよ♡
私的には、今日の新月のシンボルとしては翼(ヘルメスの履いてる翼のついた靴ね)のイメージです。
今日の朝2時39分に双子座02度(数え度数で3度)で新月でした。
🌑なので太陽と月は同じ場所にいるってことですね。
そしてすぐ近くに水星と金星もそのうえ、ドラゴンヘッドも双子座にぎゅっと固まっています。
というわけで、双子座さんの張り切っていきましょう😍
双子座といえば、コミュニケーション、コンタクト、交通、商売、勉強、等々です。
上記テーマが、収入、価値を表す2ハウスと流通、動きを表す3ハウスでわいわいしていて、しかも太陽と月は10ハウスの転職、役割などにいる、パワフルな3星ととても良い関係を気づいているので、
「さあ、動くぞ〜⤴️、稼がなきゃ〜 🙋」的なエネルギーに満ち溢れるかと。
1ハウスには天王星もありますし、自分革命だったり、お仕事の仕方考えるだったり、双子座は、二つの仕事を同時にというイメージもあるので枠にしばられず(ただし、ちょっと浅かったりするけど(;'∀'))
スタートにはぴったりの星回り😁
今日を境に新しいことを始める、学び始めるもいいし、それを双子座らしく、書き留める、
(軽さが信条でもあるので、あまり深く悩まず叶えたいこと全部ね)宣言する、infoするなどをお薦めします。
ただ、海王星と火星とは、大吉の関係とは言えないので、
スタートしても、「こんなこと今やっていいのか?」的などこか恐る恐るな感じは残るかと思います。
そんなときのヒントは、自分の為というよりか、とりあえず、皆のために始める、ボランティアぽいこと?シェアとか、
一回目は無料でとかね、ということをお薦めします。
長くなるのでざっくりこの辺で。(もっと詳しく知りたい方は、メッセ下さい)
私は太陽が双子座なので、今回の新月はとても大切♡
しかも、今期はメインキャストの一人なので、何かの会をする時に、双子座さんを混ぜとくと、人を連れてくるかもしれません😆
ってことで🌑だの🌕️だのやってる割に、自分は忘れたりするので、今回は自分のために、昨日の夜、急遽、小さなお話会をzoomでやりました。
急なお誘いでしたが、わちゃわちゃと楽しかったです(^_-)
参加して下さった方有難うございました。
その中で、バトン真由美ちゃん(←本業はお堅いお仕事なので、副業?の方のお仕事名)がちょうど告知があるということなので、ご紹介。https://www.facebook.com/baton.mayumi 公開なので見られるかと。
彼女と知り合ったのは10年以上前、定期的にサロンにも顔を出してくれて、一緒にインドの聖人、アンマの通訳ボランティアなどもやりました。
パワフルで、面白くて引き寄せ力抜群のバトン真由美。
バトンって笑
名前由来もわかります。
是非彼女のサイトに飛んで、興味のある方は、メルマガなど登録してくださいね😆
今のところ、元々のお客様にしか告知していませんが、
6月頭の射手座満月もありますし、夏至もやってくるので、それまでに、星アロマも含め、またオンラインお話会をやりたいと思っているのでまた、infoします。少人数形式の井戸端会議っぽい、とてもat homeな感じになれる内容なので、
はじめましての方も意外と参加しやすいかもしれません。
とはいえ、はじめましてがオンラインだとちょっと厳しいかもですが、参加してみたい方はお問い合わせください。

絵本

  • 2020.05.20 Wednesday
  • 19:44
郵便で可愛い葉書とともにクライアントさんから絵本が届きました😍
この時期に、封書で届くのって嬉しい。
開けて、ほんわか〜😊
彼女の冊子の作品は以前にもらったことがあるのですが、きちんと本になったのは初めて。
ずっと防災に関わってきた彼女。コロナも災害ですが、これから梅雨の大雨、台風、後最近多い地震なども気にしなきゃですもんね😵
どちらの絵本にも、虹のシーンがあります😍
夕方のニュースで、関西は自粛解除が目の前というニュースも🌠
追記🌱  パンケーキの絵本も好きだよ〜❣️

LINEで

  • 2020.05.17 Sunday
  • 10:32
昨日の夜から真夜中辺りまで大学時代の友達とおしゃべりを😊
げらげら笑いました。
東京、松山、神戸、芦屋、シンガポール在住だけど鳥取に帰省中に帰れなくなった友達など、簡単に集まれない友達と会えるのは
オンラインならでは。
zoomの方が顔が見やすいけど、Lineだとこんな風に顔遊べるのね〜。知らなかった〜。
変形しすぎてもはや原型をとどめず、upしやすいかも。
久しぶりなのに(中には6年ぶりとかの友達も)一緒に居た時間に戻れるのは、同級生ならではだね〜。
お化粧しておしゃれして美味しいものを食べるのも楽しいけど、皆で泊まりに行ったかのようなそんな気分になれる。
友達が話していた辞めてしまった副店長の話が、昨日一気に読んだ本📖「店長がバカすぎて」
の一番最初のエピソードに出てきたポンコツ店長のせいでクレーマーの老人が頼んだ雑誌がなくて探しまくる話とあまりに似ていた為、笑ってしまいました。
ぜひ、読んでみて。もうまんまですww
この本は本好き、書店好きの人に超お薦めです。
今日の迷言 「希少糖は希少なのよ!」by なお
なおは、絶妙のタイミングで断言することがままある。後で考えると、えっとそれって当たり前のことでは?と思っても、その瞬間、なんかすごいこと聞いたかも?と思わせるという特技をもっっている、さすが元検事の娘😁 ってネタにしてごめん(*´∀`)ノ
でも、昨日のツボでした。
もちろん、実際に会うに越したことはないけど、それでも顔見て話せるのは楽しいね〜♡

Book カバー ラスト

  • 2020.05.16 Saturday
  • 19:06
とても迷いましたが、最後はここ最近で一番面白くあっという間に読んだ小説にしました。
この本は以前にも紹介しましたが、尚ちゃんに「ぜひ読んで!」と貸してもらった本です。
show must go on
と、actor singer artistの方たちが良くいいますよね。
興行のお仕事に付いている方たちは、やはり舞台にたつことが命。
で緞帳があがったら降りるまでは何があってもとか、
そこから、舞台の上には魔物が棲むとか奈落の底とか、晴れの舞台
檜舞台、黒子、裏方、などなど明暗の言葉が沢山あるのかなあと
思ったり。
この物語には、歌舞伎という芸事と舞台に憑りつかれた沢山の人物が出てきます。主役の任侠の親分の一人息子だった喜久雄や名門の正統な後継ぎの俊介、役者だけでなくその家族、関係者、そして見守る客の方も含めて。
そして、まるで舞台をみているかのような、臨場感というか、スピード感というかがあります。画が浮かぶというか。
それは語り手によるストーリー展開によるものかも知れません。
出だし↓
📖
>その年の正月、長崎は珍しく大雪となり、濡れた石畳の坂道や晴れ着姿の初詣客の肩に積もるのは、まるで舞台に舞う紙吹雪のような、それは見事なボタ雪でございました。📖
すっとその世界に引き込まれていくのですが、絶頂と奈落を繰り返し、血を吐きながらの芸の道は壮絶です。
そして役者が散る瞬間というかね🌸
日本の文化というか散り際というものをものすごく大事にする。
それがこの本に出てくる役者たちの去り際がどれも悲壮でだからこそ美しく、際立っているところなのかなと思います。
ずっと、桜吹雪が吹いているかのような、なんとなくそんなシーンが浮かぶ本です。
尚ちゃん、ほんと面白かったわ♡有難う〜\(^o^)/
あっという間の1週間でした。
懐かしい本を読みなおしたという意味でも良かったです。
お付き合いくださった方、有難うございました❣️

BooK カバー 

  • 2020.05.15 Friday
  • 19:08
6日目
今日は対談集
河合隼雄さんに村上春樹氏と吉本ばなな氏とのお話です。
村上氏のが1996年初版、吉本ばなな氏が20002年。
昨日今日で、ざっくり読み返してしまいました。
対談集は読みやすいです。
河合先生は、
子供のころ、「死」を異常に怖がり、とても繊細な半面、人をいいくるめる力が強かったようでお母さんは彼のことを「隼雄はこわい」と言っていたそうで😅 ユングを研究することになるあたり、
なんというかなるべくしてなった道という気がします。
そういう意味でもこのお二人との対談もまた、偶然の必然の出会いであったかと思います。
📖「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」
の中から一部抜粋
村上「物語というものが力を失った時代があって今また復権しようとしている、昔は身体性ということもなくただ自然にあったものではないかと。」
河合「・・・ぼくの仮説ですが、物語というのはいろいろな意味で結ぶ力をもっているのです。身体と精神とか、内と外、男と女とか・・・」
(源氏物語の話になり)
村上「一つの時代を風景として浮かび上がらせたという意味で、フィクション以外にはできないこと。でも紫式部はなんのためにあれを書いたのでしょうね」
河合「紫式部だって自分を癒すためでしょう・そう思いますね」
また別の話で
村上「僕は夢というものを全く見ないのですが・・」
河合「それは小説を書いておられるからでしょう。
特にねじまき鳥クロニカルのような物語を書かれているとパラレルにあるのでしょうね。だから見る必要がないのだと思います」
なるほどの対話の中で
吉本「ヒーリングというのは」
河合「怪しいね。あれ」
吉本「治るっていうときは、反対の力が大きく働くのが本当だからすっごい気持ちよくてただ心地よくて治っちゃうということは絶対ない。諸刃の刃みたいにバーンって伐られるってことが「ヒーリング」ってことだから(中略)だから自分の作品を「癒しの」って言われるとがっくりします。
河合「ふわ〜っとしてそれで癒されるというイメージが強すぎるんじゃないでしょうか。。本当のヒーリングは命がけになってくるからね」
河合「ぼくらは自殺したいという人の話をずっと聞いているわけです。(中略)
「死にたい」というのはそれで生きるようになった人が、その当時のことを思い出して、「死にたい」という言葉でしか自分の「生きたい」を表現できませんでしたといわれた
これすごいわかる
この辺は、ずっとつながっていると思うのです。
お勧めします(^_-)-☆

Bookカバー 

  • 2020.05.14 Thursday
  • 11:21
5日目
外に居て土いじりするのがとても気持ちの良い5月。
ご紹介する本1冊は文庫だけど、
「ときをためる暮らし」
先日のZOOMで参加者のお1人がこのお籠りの日々で幸せだったことに、「お料理が好きを再認識、一日中台所に立っていても苦痛じゃないの。あと畑も。」とおっしゃっていた時に、この本のことが浮かびました。
この本はつばたご夫妻の暮らしが聞き語りとして書かれています。帯には「夫婦あわせて171歳、半自給自足の丸太小屋の暮らし」
お二人の暮らしが本当に素敵で随所に知恵にあふれています。
畑も家も、機織りも、お料理も全て、
土地もね、腐葉土をいっぱい入れて、いずれ子供に引き継ぐために。時をためてるんだね。
もう一冊はヘルマンヘッセの「庭仕事の愉しみ」
ヘッセといえば、「車輪の下」しか知らなかったけど、表紙に惹かれて買った本です。
文章だけでなく、ヘッセのペン画や詩も楽しめます。
私がよく面倒くさがる草引きでさえ、彼にとってはお薬のようなものだったみたいです。
友人にあてた手紙の中で
「このような草取りは、雨の日でない限り、私の日々を充実させてくれます。・・(中略)地面に膝をついて草むしりをするのは礼拝のためにひたすら礼拝をおこなっているようなものです。
そしてそれが永遠に繰り返されます。なぜなら3つか4つの畑をきれいにすると最初の庭にはもう緑の草がはえているからです」
ヘッセの気持ちがちょっとだけわかわります。
土に触れると安心するというのあ、人間がいつか土に還るからでしょうかね。

Bookカバーチャレンジ 

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 17:56
廻ってきたバトンですが、もはや自分勝手な紹介の仕方になっております。そしてバトンを廻しませんm(__)m
4日目
村上春樹氏。
風の歌を聞けから、一言でいえば、すごく好きだったartist ?アイドル??
春樹氏がアイドルってわけではなくて、自分のはまり方がそうだったって事です。沼のように。
ある時期を境にまったく読まなくなったので、今を語れないのだけれど、この棚を整理できないように、
やはり、外せない作家さんではあります。
ダンスダンスダンスは、羊男4部作のラストになります。
いるかホテル、羊男、キキ 美少女のゆき
昔読んだ方は記憶が蘇りませんか?
ちょっと読み返しただけで、どっぷりはまった時期がコンテナごと開くようなイメージがあります。
>いるかホテル、哀しげなホテルだった
12月の雨に濡れた三本脚の黒犬のように哀しげだった
そうそう。こういう言いまわしね。
村上春樹氏と安西水丸氏のエッセイが個人的にはとても好きです。
あとフォトエッセイもね。
羊男のセリフ
「だから踊るんだよ。音楽の続く限り」
今、この本が書店の目立つところに置いてありますね。
買おうかどうかちょっと迷いました(立ち読みできそうな薄さなので)
友達が買って、意外と?w良かったそうなので、廻って来るのを待とうと思っておりますw

Bookカバーチャレンジ 

  • 2020.05.12 Tuesday
  • 17:39
三日目です。
今日は生きる智慧としての仏教。
歩く瞑想で有名なティク・ナット・ハン師の本
なんというか読んでいるととても平らかになれる、ふと手にとってしまう本。
すぐに過去に行って後悔し、
すぐに未来に行って不安になりがちで現在に居られない今、読むと真ん中に戻れる本です。
一貫して書かれているのは、
例えば一枚の紙を深くみたら、そこに木や雲や森や陽光を見ることが出来るという事。
一度も生まれることはなくなので、死ぬこともない
様々な形に変わって螺旋を描いているだけ。
一枚の紙
「来ることも 行くこともない
 後も先もない
 あなたをしっかりと抱きしめ
 そして、解き放つ
 私はあなたの中に居る
 あなたは私の中に居る 」

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)
バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書) (JUGEMレビュー »)
バシャール,ダリル・アンカ
今更ですが(笑)バシャールです。
山が違っても目指す頂上は一緒という話しで、この本も、ああ、同じことを書いてあるなって思えるわかりやすい本です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

ハンズオンヒーリングに興味のある方へのお奨めです。

recommend

ちっちゃいおっちゃん―笑って学べる心のおべんきょう
ちっちゃいおっちゃん―笑って学べる心のおべんきょう (JUGEMレビュー »)
尾崎 里美
里美先生のわかりやすくて面白い本です。どなたにもお奨め(笑)

recommend

recommend

ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫)
ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫) (JUGEMレビュー »)
ディーパック・チョプラ
ハードカバー(タイトルは違いましたが)が単行本になりました。

これもとってもお奨めです。

recommend

recommend

神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ
spiritualな事に興味を持ったらとりあえず読んでみてっていう感じの本です☆

recommend

アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人 (JUGEMレビュー »)
さくら ももこ,エンリケ バリオス
子供向けだけど愛と叡智に溢れあ作品 一度是非読んで見てください☆

recommend

全身「からだ革命」
全身「からだ革命」 (JUGEMレビュー »)
草刈 民代
踊るのが怖くなっていた時、この本を読んでなんだか背中を押してもらった気がしました(^^)

recommend

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール, Eckhart Tolle, あさり みちこ, 飯田 史彦
目から鱗って感じでお勧め!

recommend

そらのいろみずいろ
そらのいろみずいろ (JUGEMレビュー »)
下田 昌克
ともかく色が綺麗。生きてる絵本。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM