<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
19日はパワフルな満月
 台風が伊豆に大きな爪あとを残して過ぎ去っていきました。

自然の大きな力の前ではなすすべも無く、立ち尽くす事が多々あります。


直線だった川の流れを変え、護岸工事に力を尽くしたのは、弘法大師だと言われています。

布教活動とともに福祉活動や灌漑池や橋などの土木社会事業を行いました。


弘法大師伝説は、全国5,000ヶ所以上にあると言われていて、弘法大師が杖をついたら、泉が池や井戸になったという弘法水の伝説は、全国至る所にあります。


ただ、現在の雨の降り方が、一挙に許容量を増えて、降り注いでしまうため、決壊してしまい、水害が起こってしまっています。


それでも、また人間は、諦めずに立ち上がり、なんとかしようと智恵を絞ることの出来るのだと思います。


大きな災害が起こったとき、「ああ、自分の所はなんともなくてよかったあせる」ではなくて、


その一瞬でも良い、被害に逢った方の為に、用事の手を止めて祈ること・・・・そして、何か出来ることは無いかな?と思う事・・・そういう人でありたいと思います。


さて、19日、満月です。



Smile!Smile!



私は昼夜問わず、空を見上げる事が大好きで・・・というのもとてもわかりやすい森羅万象だと思うからです。


月は満ち欠けします。


暦もなかった原始時代、人は夜、月や星を友達にしたであろうことは容易に想像がつきます。


19日の満月、日本では見れませんが、ヨーロッパでは、月食が見られるそうです。

満月で月食・・というのは、とってもパワフルな満月だという事になります。


大きなターニングポイントを迎える方もいらっしゃるかも。



そして・・・21日から、水星が11月11日まで逆行を始めます。


私は元々、水星のアスペクトがハードなので、割と影響を受けやすいので、もう既に、緩やかに影響を感じます。


この時期は、私の場合、「スムースに行かなくても、仕方ない。スムースに行ったら、もうけもん(^_-)」


くらいのスタンスで取り組みます。そして余裕を持つように心がけるようにしています。


「ま、いっか」とか「ま、なんとかなるって〜ニコニコ」ってお気楽さが、良いかな〜って思います。


皆さんにとての、明日も良い1日でありますようにヽ(^o^)丿

| Astorogy | - | -
ふと思い出した
 12月に入り、いろいろなゴシップがマスコミをにぎわせています。

今朝は、イビョンホンさんのゴシップがTV報道されてました。
タイガーウッズにしろ、なんとなくイメージ的にそれまで、私生活が見えにくくとってもクリーンもしくは、家族愛みたいな方のゴシップって余計にちょっとびっくり目

それだけでなく、ちょっとマイナーはお話ですが、ある俳優さんの結婚の報道を見たときに、彼を大好きな友達が居て、さぞかしショックを受けているであろう彼女の顔が浮び、翌日あったので、「おめでとう〜〜ウッシッシ」というと、「え〜〜ん涙絶対あの人は結婚無理(←病気と言われるほど気が多いらしい)だと思ってたのに〜ふらふら」と言ってました(笑)
コアなファンでしたが、全く情報は流れていなかったそうです。

タイガーウッズは特に、最初は、「彼も男性だもんね〜冷や汗」「英雄色を好む」とかって許容範囲的感覚から、「オイオイボケーっとした顔」って感じになり、今は「トホホたらーっ(汗)」感があるって感じ。

で、ふと思い出したのが、星の動き。
先週山羊座山羊座にはいった水星が、今週冥王星と重なり、さらに土星と90度になりました。

これって、隠されていたものとか、くすぶっていた事が表面化し、その後ぴし!っとなる?そんなイメージなのです。
ある意味怖いあせあせ
しかも、あれですよね。山羊座で起こっているので、イメージ的に堅い、責任感とか社会的な感じなので、冒頭に書いた話がなんとなくイメージしやすいです。

でね、明日、天王星がさらに太陽と90度を形成します。
これって前にもちらっと書いたのですが、突発的な変化なので、いずれにせよ刺激的な週になるかもですよね。

私は星読みをリーディングに使っていますが、あくまでもツールなので、元もと、星の動きを参考にはしますが、あまり縛られたり気にしたりしていません。

というか、そこを読みすぎると、良くない星の配置を見ると、ついつい、過去の記憶が喚起されてしまうので、そこキャンセルすべき所でもありますからね冷や汗

自分的な方法としては、知っても、流す。そしてそれらしい事がきた時には、「そう来たか〜〜でも、○月には影響がなくなるから、それまでと思って乗り切ろう」という風に思っています。(厳しい星の配置は永遠に続くわけではないのでウインク
この辺の兼ね合わせが難しいところ。

でもexclamation ×2その分、いい星の配置はどんどん有効に使うべきなので、一つ。

今は火の勢いがどんどん増しています。射手座射手座にいる太陽と火星が120度を形成します。

射手座って前向き、楽しい、るんるん、って感じを火星のやる気、ファイターが超後押ししているので、「うだうだ言わずに、やりたいことは今やるのだ!」的星の配置です

全体的に、水の星座に星が少なくなっているので、寂しい感じはなく、寧ろ、前に進め〜〜!指でOKって感じですか。
ので、年末に向けて楽しい事にどんどん参加していくと、より全体的に前に進んだ感じがするかも知れないですね。

ってふとイビョンホンさんのニュースを見て思った私でしたウッシッシ
| Astorogy | - | -
9月に入って
気がつけば9月!
まだ暑いけれども、やはりそこは秋の気配。
気温は同じでも、バリバリ夏服って何故か合わなくなるから不思議ですよねたらーっ

さて、7月8月はエネルギー的にいってもシフト期でもあるし、台風、あいつぐ地震、有名無名の人を問わず訃報も廻りでよく耳にし、個人的にも整理中とか、調整中といった言葉をよく聞きました。皆さんはどうでしたか?

星で読んでも、9月に土星という、あんまし一般的にイメージのよろしくない(←えっと良い面もあります真面目に取り組むとか、責任とか^^;でもサタンって名前の響きがね)、一つの星座に二年半ほどいる(29年で一回り)星が星座を移動するのと「食」まで同時に起こるので、ほとんどの人がテーマの切り替えを迎えます。

少々専門的な言葉になりますが、私個人的には、今丁度、トランジットの土星とネータルの土星がオポジション 。
教科書通りに言うと、過去してきたことの結果がでる。努力したことが突然実ったり、逆に臭い物に蓋をしているとそれが露見するなどといった事が考えられました。

何が起こるのかな〜〜などと年初に思っていましたが、今のところ、点と点が繋がってきたな〜と思っています。
それまでの経緯から、変化、そしておととしからしてきた勉強、去年から受けてきたワークやセッション、今年に入って逢った人たち、勉強、受けたセッション、ワークなどがある意味、一つの成果を見せる月でもありました。

修了書までいただいたし、上の方からは「そろそろ動きなさい」と言われているような

逢うためには、ロンドンかスペインまで行かなきゃと思っていた私のspiritual teacherとも言うべき仲さんに日本でしかも近くでお会いできたのも大きかったですぴかぴか

最近特に思うのですが、
何のワークを受けようが、誰のセッションを受けようが、その人を介して、結局は自分を見るという事なので、それを受けることによって、又自分の中を見るわけですよね。
そして、見て、感じて、三次元的生活においては色々と実際に事が起こって、考えて、それで又前に進んでいく・・そういう事なわけです グッド

但し忘れていけないのは一度、その媒介者のフィルターを通るという事
だから、今、例えば私にお気に入りのワークや、ライトワーカーさんがいるとしてもそれは今の私にとって必要なわけで、他の誰かに当てはまるとは限らない。

キリストを神様として心に抱く人、観音様が好きな人、又アマチに興味がある人もいれば、ダライラマが好き、サイババが好き、セアロが好き、いやいや、全くそういった系統のものは一切受け付けません人もいるだろうし、
結局その人を中心とした曼荼羅の中でどういったことがおきているか、それにつきるのだと思いますラブ

個人的には、勉強をしている中で、例えば、霊性、光と闇とか、protectionというキーワードに随分ひっかかりました
見えない世界、星でいうと蠍座座、8ハウス、星でいうと海王星がルールしてるその領域はその人が「見えている」と言えば、受けてはそれを信じるしかないわけで、送り手がどこにアクセスしてるかは、本当はその人にしかわからないわけです
又、霊性という言葉一つにしても、高いとか低いとか、その人のレベルはその人の領域までいけないとわからないわけで、という事は自分がそこにいかないとわからないわけだから、結局は又メビウスの輪のように自分に戻る ノーノー

そして、送り手のワーク、或いは、言葉を受け入れるか受け入れないかは、受けて自身であって、いくら著名なヒーラー、チャネラー、霊能者、あるいは占い師、肩書きはなんでもいいですけど^^;に言われた事でも、自分自身が「不要!」と思えばごみ箱ぽいイヒヒでも全く構わないわけです。
魂が「YES」って思ってるのに今の自分が生きていく上で不都合なので無視するのもどうかとは思うけれど
でもま、究極はそういう選択もあるわけだもんね〜。

となると、何が大切かというと・・・。
つまり自分が一対何にワクワクするか、何になら熱くなれるか?何になら一生懸命努力できるか?なんだと思うのです。

だって明日どうなるかなんてわからないんだもの。
選択はいつも自分にある。つまり、結局は自分でしょ〜って感じにこの日記も戻るわけです。

というのが拙い私の今の現時点での理解でしたポッ

とちょっと朝から濃い内容でしたが、8月、なんとなく調子が悪かった、あるいは、ついてなかった方、9月にはいると明かに風が変わります。
追い風であればいいですね〜〜ぴかぴか
| Astorogy | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |