雲の上はいっつも晴れ

隠れ家的 癒しの町家「Seeds of Love」のミュウの独り言 and サロンでやってる企画のMCなどを書いています。
今日は全く新しい一日。皆さんに沢山いい事がありますように☆
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ベーグル | main | 桜便り >>
# モナリザ・スマイル
モナリザ・スマイル
モナリザ・スマイル

ジュリアロバーツは大好きな女優さんなんだけど、なんとなく見そびれていたモナリザ・スマイル。見ました。
舞台は1953年のアメリカ。名門女子大を舞台に、若く才能にあふれる生徒たちを縛っている「卒業=結婚」という一つの枠にはまらず、自分の頭で考える事を教えようと大学やPTAの母親たちを相手に孤軍奮闘する新任の美術教師の役をジュリアロバーツが演じています。

とても勉強が出来て、学校の成績ではAを簡単に取れるのに、卒業すると夫がAを取れるように頑張ることでしか認められない女性の時代がアメリカにもあったんだね〜。この映画の中で、校長の女性が「学ぶことも許されない時代があった事を思えば随分進歩した」というような事を言ってるのだけれど、そうなんだよね。いつの時代も家庭と仕事の両立は女性の永遠のテーマでもあります。
この映画を見てると米で最近少し前に大ヒットした「SEX and City」が両極端のお話に見えるけれど、このドラマの中の自立して仕事を持ってる女たちでさへ、常に仕事と結婚と子供の事で悩んでるんだから、むしろ当たり前の話かも知れないですよね。

この映画を見て、自分の大学生活を思い出しました。
私もこの映画のようなクラシカルで美しい女子大で学びました。
中等部よりあるその女子大は歴史も古くかなり難しい学校としても有名であるにも関わらず、就職よりも結婚する時に聞こえのいい大学としての存在していたように思います。
事実私の周りもかなり保守的で卒業して就職はするけれどいつかは良い結婚をせねば、みたいに諦めていたように思います。極端に言えば、就職も許されないような旧家のお嬢様もいたりして、皆、それまでのつかの間の自由だと。
20年前のお話ですが、そういう意味ではこの映画とほとんど変わっていませんでしたね。優等生の嫌な子を演じるお母様が出てきますが、ああいう人も実際いましたね。つきあうお友達も親が決めるみたいな人・・。まあ、家の母もあそこまで極端ではありましたが、同じ匂いがありました・・。
私に初めてお見合いの話が本格的に来たのも大学の三回生の時でした。
相手の方の釣書に何故か10万円が添えられていて、私の値段って10万円なのか?と思った記憶があります唖然
でも反面、「自立した女」が声高く叫ばれていた時代でもあったので、母親に反抗して仕事にまい進したけれど、その当時、ホテルのスポーツクラブで紹介された母の知人の方に「お仕事に熱心なのもよろしいけれど、あまりお仕事ばかりしてるとお顔が、きつくなってきますよ。」といわれたのもよく覚えています(←普通いいます?初対面で)
でもまあ、どこか中途半端でしてけどね。反抗の仕方も。
家を飛び出して自活してなんて勇気はありませんでした撃沈・・。

そんなほろ苦い記憶を呼び覚ましてくれた映画でした。
映像も美しくて、ジュリアも綺麗です。一人際立って美しいので、映画の中で浮く印象がありました。それほど美しいということか・・?というか他の女優さんたちが、その当時の印象のままどこかやぼったいのに、彼女だけその当時の服装なのに、何故か派手?これって顔の造作の問題なのかな?
派手な作品ではありませんが、若い女性の方にお勧めしますひらめき
| comments(0) | trackbacks(1) | 20:53 | category: 映画andDVD |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:53 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
釣書について
釣書釣書(つりがき、つりしょ)は、縁談(お見合い)の時にお互いで取り交わす自己紹介(プロフィール)を載せた書面のこと。身上書(しんじょうしょ)と、同義語である。縁談の時には、他に家族書という書面も取り交わすことが多いが、近年は釣書の中に含まれる場合が
| 婚約指輪 | 2007/07/04 11:38 PM |
Selected Entry
Archives
Recommend
バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)
バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書) (JUGEMレビュー »)
バシャール,ダリル・アンカ
今更ですが(笑)バシャールです。
山が違っても目指す頂上は一緒という話しで、この本も、ああ、同じことを書いてあるなって思えるわかりやすい本です。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

ハンズオンヒーリングに興味のある方へのお奨めです。
Recommend
ちっちゃいおっちゃん―笑って学べる心のおべんきょう
ちっちゃいおっちゃん―笑って学べる心のおべんきょう (JUGEMレビュー »)
尾崎 里美
里美先生のわかりやすくて面白い本です。どなたにもお奨め(笑)
Recommend
ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫)
ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫) (JUGEMレビュー »)
ディーパック・チョプラ
ハードカバー(タイトルは違いましたが)が単行本になりました。

これもとってもお奨めです。
Recommend
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ
spiritualな事に興味を持ったらとりあえず読んでみてっていう感じの本です☆
Recommend
アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人 (JUGEMレビュー »)
さくら ももこ,エンリケ バリオス
子供向けだけど愛と叡智に溢れあ作品 一度是非読んで見てください☆
Recommend
全身「からだ革命」
全身「からだ革命」 (JUGEMレビュー »)
草刈 民代
踊るのが怖くなっていた時、この本を読んでなんだか背中を押してもらった気がしました(^^)
Recommend
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール, Eckhart Tolle, あさり みちこ, 飯田 史彦
目から鱗って感じでお勧め!
Recommend
そらのいろみずいろ
そらのいろみずいろ (JUGEMレビュー »)
下田 昌克
ともかく色が綺麗。生きてる絵本。
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links