隠れ家的 癒しの町家「Seeds of Love」のミュウの独り言 and サロンでやってる企画のMCなどを書いています。
今日は全く新しい一日。皆さんに沢山いい事がありますように☆



2006.05.16 Tuesday エリザベスタウン
エリザベスタウン
エリザベスタウン

なんとなく観て見ました。
面白いか?と聞かれると正直、微妙・・。
ちょっとツッコミどころ満載で、「???」的な展開が多すぎる感はぬぐえないかも。
主人公は大失敗した男。なんで大失敗かというと、彼がデザインして大々的に売り出したシューズが大失敗で会社に10億もの損害を与え倒産寸前にまで追い込んだから・・。で、レイオフされるんだけど。恋人にも振られ、自殺しようとしたまさにその時に父親が心臓発作で突然死した事を聞かされ、いやおうなく故郷の田舎町に家族代表として帰郷しなくてはならなくなった男。その男をオーランド・ブルームが演じています。コスプレしていない彼を始めてみました。個人的には線が細すぎて美しいとは思うけれど、特にファンではない[:ふぅ〜ん:]
で、若者の挫折と再生を描いたと謳ってるんだけど。「うーん・・。」
なんだよね。

じゃあ、なんでわざわざ取り上げたんだよって言われると。
音楽がいいのと、映画の後半、灰になった父と二人の車の旅になってからがロードムービーみたいになって気に入ったから(^_^;)
レインマンもそうだったけど、ロードムービーというのが好きです。
ってか、自分も車で遠出をするのが好きだから・・かな。
(但し、一人ではなくて、二人でが前提だけど)
違う街に入る瞬間とか県境とかが好きなの。標識を見ながらとか。
知らない街で下りてみたりとか。
特に夜の風景が好き。行き交う車のヘッドライトと、街の灯りとネオンと。
光のラインみたいになって。凄く綺麗で幻想的。

冬の山陰地方へ行く時の山越えのドキドキ感とか、北海道のどーんと何もないまっすぐの道とか沖縄、グアムとかハワイとかの南国特有の海を見ながらくねくねっとした細い道とか。
20代でフランスに語学留学した時に、ステイ先のお母さんとなんと900キロの車の旅をした事があります。
しかも小さなルノー自動車で。お母さんが又すっごく太った人で。かなりの密度感でした汗私はフランス語片言だし、お母さんの英語は超訛りがキツクて理解出来ないんだけど、それでも全然平気だった。ちゃんと話繋がっていたし。
珍道中だったけど、すごく思い出に残っています。途中で見た、向日葵畑とか牛が普通車道あるいてたりとか、途中で食べたトマトとかお母さんが作ってくれたランチのサンドイッチとかオレンジとか。

って、又横道にそれたけどたらーっ
その旅のシーンの間、お父さんの遺灰が入った壺に向かって車の中で一人叫んで怒って悩んで泣いたりするオーリが、何故か日本の俳優の吉岡隆とかぶってみえたんだけど、賛成してくれる人。います?



2019.10.20 Sunday スポンサーサイト



comment...

えみり* 2006/05/17 12:57
はじめまして、TBさせて頂きました。

後半のロードムービーからはグッと良くなりましたよね!
>何故か日本の俳優の吉岡隆とかぶってみえたんだけど、
あぁ〜、言われてみれば、、わかる気がします。
ミュウさん、ツッコミどころが鋭いです♪
ミュウ 2006/05/17 20:37
えみり*さんへ

こんばんは!コメントとトラバ有難うございます。
あの場面の特に泣きじゃくる顔が、かぶって見えたのですがえみりさんにもちょっと共感してもらえたようで嬉しい(^_^)v。オーリファンの方にすれば、「・・・?」って感じかも知れないですね(^^ゞ
「夫婦de雫」事務局 2006/06/07 02:56
「夫婦de雫」というブログで、夫婦やカップル、二人の時間をを演出できる映画を紹介しています。「エリザベス・タウン」を紹介しているので、トラックバックさせていただきました!

よかったら、トラックバックをお待ちしています。他にもお気に入りの夫婦やカップルにお勧めの恋愛映画がありましたら、ぜひコメントくださいませ。




archives
comment
Material ふわふわ。り
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.