雲の上はいっつも晴れ

隠れ家的 癒しの町家「Seeds of Love」のミュウの独り言 and サロンでやってる企画のMCなどを書いています。
今日は全く新しい一日。皆さんに沢山いい事がありますように☆
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ジゼル鑑賞 | main | マイブーム >>
# ダヴィンチコード
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥

ベストセラーになってどれくらい経つかな。なんとなく食指が動かないまま今年に至り、ブックオフで手に入れたものの、手に入れただけで満足しちゃって長いことほったらかしていましたが、映画のプロモが始まって、この間やっと読みました。

サスペンスとしても、又歴史の暗部というか、歴史ってつくづく勝者に都合よく語られるお話で、全然違うお話が別にあるのねなんて意味でも面白かったし、その上に美術、数学の分野まで盛り沢山な内容だったんだけど、キリスト教徒が読めばもっと、肌身で理解できるんだろうなと思いつつ読みました。私は大学がミッション系だったので、キリスト教学なるものが必修で毎日、礼拝もあったんだけど、もっぱらzzzのお時間と化していたので聖書も読破した事もなく・・(^_^;)
ただ、今でも聖書は持ってるので(←やっぱりなんとなく捨てられないですよね)読み物として読んでみようかと今更ながらに思います。
下地はなんでも有った方が理解しやすいですもんね。

後、謎解きに必須だったアナグラムも馴染みが無いので、「ガッテン、ガッテンひらめき」ってのには程遠く。「ほーφ(..)」ってなんとなくわかった気になるだけでした。ただ、タロットは私にとって馴染み深いものなので、ミトラ伝説とか絵に描かれているものにそんな意味があったのかと改めて不思議な気持ちで手にとって見てみました。

話の核芯の部分でもある、ダ・ヴィンチが残したというキリストが結婚していて子供までいたとか、最後の晩餐のユタが女性だったとか、敬虔なクリスチャン的にはたとえお話でも絶対許せない人もいるんでしょうねたらーっ色んなものを神様として拝み、異教の神さまでも特に抵抗なく頭をたれるなんでもありの日本人にはその辺も今ひとつぴんとこないんだと思います。

なんていってると映画も始まっちゃいました!映画も賛否両論みたいですね。だけど、映画館に見に行くかどうか迷っています。DVDでいいかも(^_^;)
ちょっと様子見しようと思っていますイヒヒ

ただルーブルが全面協力ってのは凄いですよね。
あそこに行きましたが、あまりにも巨大であまりにも名画ばかりで(当たり前か)圧倒されまくりで、二日間でも全然足らなかった。
絵が好きな人は美術館の近くのホテルに泊まって一週間くらいかけてルーブルにだけ的を絞って行く人もいるとかいう話を聞きました。
勿論、モナリザも見たけど、「これがモナリザね」って感じで特に感動で打ち震えた覚えは特に無かったかな。そこに行き着くまでにその他の絵画のパワーに圧倒されたのと、歩きすぎて、既に疲れていたような記憶が汗
又、いつかお金と時間を貯めて、旦那さんとじっくり見に行きたいと思います豚
| comments(15) | trackbacks(0) | 22:22 | category: Book |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:22 | category: - |
コメント
こんばんは*^-^)
ダヴィンチコード、流行していますが・・・。
正直なところ不快感でいっぱいです。
私は洗礼こそ、受けていないのですが、教会で救われて、勉強していた時期があり、ゆくゆくは洗礼を受けたいと考えているため、おもしろおかしくダヴィンチコードのスペシャルをTVでやっていて、それを無宗教者なオットが見ていて、隣でいたら、心が痛くて自室にこもりました(T_T)

今日は、ミュウさんもご存知の、某wカルチャーセンターの日でしたが、10月にあそこで、林真理子さんの講演会があるらしく(!)さっそく、同じクラスの人たちと申し込んできました♪


| 優季 | 2006/05/31 10:44 PM |

そうだったのね。優季ちゃんとは微妙に共通点がある気がします。私も、最近ね、教会に通おうかなって思ってるの。但し私の場合、聖書をきちんと読んでみたいと思って。宗教としてというとまだそこまではって思うのだけれど。仏教の教えも好きなので(好きっていうのも変な表現だけどね)

さて、貴重な情報有難う〜〜〜〜〜☆彡
早速、私も申し込みました。友達と二人分〜〜^。
会場?で逢えるかな。なんだかそれも楽しみ!(^_^)v
| ミュウ | 2006/06/01 7:07 PM |

はじめまして☆ミュウさん(^_^)/
私は、幼い頃から(今25歳です)カトリックの教会に通ってます。ミュウさんと優季さんのやり取りを読んでいて、参考にしてもらえたらな…。と思って書かせてもらってます。

ダヴィンチ・コードは、まだ読んでもいないし映画館にも行ってません。(近日、確認?!しに行く予定です。 笑) でも、TVで特集を観てガッカリしてしまいました。私にとって、キリストのことばは「苦しくて辛いときに元気になるためのサプリメント」であり、聖書の内容が、科学的に妥当か否かという事は、浅はかな議論でしかないのです。

ぜひ、教会に行ってみて下さい。神父様とお話して「聖書勉強会」に通ってみるといいですよ!(この会は、未信者さんが多いです。)聖書は(キリストは)何を伝えようとしているのかを、丁寧に説明してもらえます。

独りで聖書を読むのは困難です。(例え話が多いんです。)私も、独りで読んだことはありません。
聖書には、独特の表現もあります。(例えば、パン・牧者・ぶどうの木・光=キリスト自身を示す)とか、「目には目を、歯には歯を」ということばも、「やられたらやりかえせ」という意味で使われてますけど、語源は聖書で、「してもらって嬉しいことは、してもらった以上にしてあげなさい」という教えなんです。

宗教というよりも、もっと身近になると思いますよ。
もし良かったら行ってみてくださいね。
初めてなのに、長々失礼しました。
| ayuayu | 2006/06/03 8:46 PM |

ayuayuさんへ

こんばんは(^^)、はじめまして!
コメント有難うございます。
小さい頃から教会に通っていたんですね。
毎日が神様と共にあるのでしょうね。
心から信じれるものがあり、よりどころのある人は、強いと思います。
私の兄(内科医です)が研修医時代に初めて自分の担当した患者さんが亡くなった晩に、かなり落ち込んで帰ってきました。その患者さんは、癌の末期で一人暮らしで、見舞いの人も見かけた事がなく、「自分だったらとても耐えられない」と兄は思ったそうですが、独り静かに死と向かい合って逝かれたらしく、その人がキリスト教徒だったそうです。
その時に、「信じるものがある人は、強いねんなと思った」と兄が語った晩がとても前の話なのに、私にはとても強く印象に残っています。その時の独特の夜の雰囲気とか色とか匂いとかね。

新米の医者であった兄にとって、その患者さんから教えてもらった事はきっと沢山あったのだと思います。

聖書は確かに独りで読むのは、ちょっと無理があると思って、ネットで近くの教会を探して、そこの聖書の勉強会っていう時間に一度行ってみようと思っています。ただ、案外沢山あって、000派とか書いてあったりすると、「うーむ。どこに行ったらいいのであろうか」とかしばし悩んでいたりして。とりあえずHPのある所の神父さんにメールを出して、聞いてみようと思ってるところです。

宗教というとどうしても大層に考えたり、斜に構えたりしがちですが、聖書というベストセラーを読むというくらいの気持ちで行ってみようかなって思っています(^_^)v

ayuayuさん、丁寧なコメント有難う。とても参考になりました。明日は日曜ですね。日曜も確か、神様が空や海や陸とかを作って、七日目に休まれたから休みとなったんだよね。
本当に実は物凄く深く関わってるのよね〜^。
まあ、仏教の教えも然りなんだけど。世の中知らないことだらけだわ〜〜〜^(・_・;)
| ミュウ | 2006/06/03 10:06 PM |

お返事ありがとうございました(^^)☆

お兄様が診られていた患者さんも、どこか不安というのはあったかもしれませんけど、きっと「神様に呼ばれたことを、また幸せ」と思えたのでしょうね。
どこか、穏やかな不思議な空気間だったのだと思います。
私は今、心の病に掛かっています。でも、きっとこれも「私に与えられた試練」と思い、考え方を修正してみる時期かな…って思ってます。

4日に半年振りに教会へ行きました。神父様が笑顔で迎えてくれた時、ほっとしました。「急いで歩きすぎていたな」と。

私は、カトリックなのでプロテスタントの宗派については、よく分かりません。
ただ、ダ・ヴィンチが残している絵画はカトリックに元付くものです。
カトリックは、全世界共通で毎週日曜日(9時or9時半)には御ミサが始まります。言語が違うだけで内容はどの国も共通です。(小一時間で終わります)
カトリック教会は、必ず「○○○カトリック教会」もしくは、「カトリック○○○教会」という表示になっています。変わってプロテスタントの場合は、「○○○基督教会」となっていることが多いです。(○○○には地域の名前が入ります。)

注意としては、カトリックもプロテスタントも公認していない教会が存在します。その様な団体も「キリスト教」と主張しているので気をつけてくださいね。(協会の表示をしていることが、多いです。)
余談ですけど、カトリックは「神父様・シスター(修道女)」といい、プロテスタントは「牧師様」と呼んでいます。

何か分からないことがあったら、言って下さい☆
分かる範囲でお答えします(^^)/

いい教会が見つかるといいですね(^^)v
| ayuayu | 2006/06/05 1:25 PM |

ayuayuさん>
はじめまして*^-^)
わたしは、日本基督教団の方でお勉強をさせていただいておりました。(プロテスタントですね。牧師先生がおられます)
聖書は、とても難しいですね。
わたしは、毎回、日曜礼拝で教えていただき、勉強会で教えていただき、信者さんとご飯をいただき、とてもいい時間をいただいておりました。
今は、引っ越してしまい、教会の方が無償で、ちいさな新聞のようなミニコミ誌を数ヶ月に1度、今も送ってくださっています。わたしのようなものが教会に通っていていいのかな?・・・と、すごく悩んだ時期もありました。
皆さん、熱心ですので。

ちなみに、幼稚園はカトリックの園に通っておりましたが、今となってはあの場所が出会いだったのかな、と思います。
宗派云々は、わたしにとってはそう大それたものではなく、どの神様が私の神様か、くらいの感覚です。
確かに、ちょっといかがわしい新興宗教もありますので、ミュウさんも確かめてから行かれる方がいいと思います。
我が家の近くにも、そういう宗教があり、しつこいくらいに布教にいらっしゃいますので(^_^;

長々と失礼しましたm(_ _)m
| 優季 | 2006/06/05 9:34 PM |

優希さん、はじめまして(^^)☆

私は4歳のときに洗礼を受け、当たり前のように毎週教会へ行っていました。
高校では、カトリックの高校で居心地のいい空間にずっと居ました。それが、普通だと思っていたのです。
大学進学を考えた時に、初めて「このままカトリックでいいのか・本当に私の進む道なのか」と思うようになり、あえてプロテスタントの大学に行き、4年間教会を休む事にしました。大学の礼拝、講演会、分かち合いの席にも行きました。プロテスタントの世界に身を置きたかったのです。

3年生のある時、挫折を味わいました。その時、私の足はカトリックを選んでいました。私の中で、誰にも左右されずに答えがでたのです。
そして、教会へ行くことが大切なのではなく、神様と繋がっていることの大切さを学びました。

同時に人を尊重すること、本当の自由を知った気がします。
私は、こういう結論を出すことで新しい気持ちでカトリック信者として生きて行くことにしたけど、どの宗教も大切な教えはあるから、人生の伴侶を慎重に探すように宗教も探すのがBESTだと思います。


昨日、「ダ・ヴィンチ・コード」観て来ました。
SFならまだしも、キリストもM・マリアも、そして渦中のダ・ヴィンチも、もう「YES」とも「NO」とも言えないんですよね。フィクションとして観るにも、悲しさの残る映画でした。
ダ・ヴィンチは、今頃どう思っているのだろうと…。

嘘か真かではなく、推測でしかなく渦中の3人が何も言えないのに作品として生み出したことに悲しみしかありませんでした。
「信じる」という心は、もっとも純粋でもろいものだから、そっとしておいてほしいなと。

そんな、悲しい一日でした。
長々、ごめんなさい。

優希さん、またいつか教会に通えるようになるといいですね。コメントが入っていて嬉しかったです。ありがとうございました。m(__)m


| ayuayu | 2006/06/06 3:20 AM |

優季さん、お名前の漢字を間違って書いてしまいました。
失礼なことをしてしまいました。ごめんなさいm(><)m
| ayuayu | 2006/06/06 3:31 AM |

優季ちゃんとayuayuさんへ

更に詳しい情報を有難うね(^_^)v

実は今日、質問を送った教会の牧師様から丁寧なメールのお返事をいただきました。
そこはプロテスタント、改革派だそうです。新教にもルター派と改革派があるのね。ルターの宗教改革って歴史にあったなって、記憶が蘇りました。
あまり自信が無かったので調べると自分の卒業した大学はカトリックでした^_^;
牧師様によると、きちんとした教会(異端でなければ)なら、聖書を読むにはあまり大きな差はないだろうとの事。
又、若干宗派によって解釈などが違うそうですね。

卒業した大学と縁のある教会が少し遠くに。
昨日メールを送ってくださった教会がもう少し近くにあるので、今どっちに行ってみようか迷っています。

>優季ちゃん
心配してくれて有難う。ちゃんとリサーチするよ!(^_-)

>ayuayuさん

人生の伴侶を探すように・・か。
とてもいい言葉ですね。

心の病は実は誰でもかかる可能性があるし、本人も気付いてないけど病気で通院してる人のかなりの数は、他の心因性の疾患を潜在的に抱えるとか。
私も子供を死産した時は、一ヶ月くらいほとんど記憶がありません。風景がモノクロになりました(・_・;)
重くならないように、軽い症状で治るといいね。



| ミュウ | 2006/06/06 7:52 PM |

こんばんは。

牧師様からお返事が来たんですね☆
私は、お返事を下さった牧師様の所と、卒業された大学に縁のある教会(もしくは、もう少し近くのカトリック教会)を何回か行ってみるのをお勧めしますよ。

病気のこと、心配してくれてありがとうございます。
大学で発病し、今回再発です。でも、また歩き出せそうな気がします。
大学で発病したとき、聖書のある一節をシスターが下さいました。いつも、辛い時思い出しては支えにしています。

『ある人がイエズスに言いました。「神はどんなときも私達と一緒に歩んでいる。とおっしゃったのに、私が辛い時後ろを見たら一組の足跡しかありませんでした。どうして、神は私から離れてしまったのでしょう。」と。
イエズスは答えました。神はあなたから一時も離れてはいない。神があなたを抱え共に歩いたから、一組の足跡しか残っていないのだ。と』

今は、辛いけど独りじゃないから、また元気になれると思います。心配してくれてありがとうございます。嬉しかった☆
| ayuayu | 2006/06/06 10:48 PM |

こんばんは!
全然、ダ・ヴィンチと関係はないんですけど…。
でも、このページでミュウさんと出会ったので、ここに書きます。

私、病気になってから自分のブログを立ち上げたいと思っていろいろ探して、このページに出会ったんです。
で、毎日ここに来てホッとしてました。私みたいに何か元気になれる場所を探している人と出会いたいので、「Jugem」で立ち上げることにしました(^^)v
もう少しだけ勉強して、父の承諾(このパソコン父のものなんで、一応)を得たらいよいよスタートです。

また、遊びにきますね☆
| ayuayu | 2006/06/08 7:38 PM |

ayuayuさんへ
そっか〜^(^・^)、Blog立ち上げるんだね。
楽しみにしてます☆彡

私も元々は自分の持病について書こうとか思ってたのに、その志?は脆くも崩れていますが(^_^;)、まあ、マイペースに自分の足跡とか考えをまとめるためとかそんな感じでいっかなって今は思っています。
結構昔の思い出なんかも、鮮明に思い出せたりもするし。
こうやってayuayuさんとも知り合えたりね(^_-)

Blog出来たら教えてね!
| ミュウ | 2006/06/08 8:44 PM |

お誕生日、おめでとうございます☆

月曜日に病院行かないといけないんで、その後本屋さんで知識ちょっと付けて、あとは立ち上げに向けてがんばります!
ちなみに、父の承諾は得られました(^^)V

Blogできたら、教えます!絶対に☆
| ayuayu | 2006/06/10 2:28 AM |

ayuayuさんへ

お祝いコメントどうも有難う(^_-)
ayuayuさんは、確か25歳だったっけ?うっ(^_^;)若さが眩しすぎる〜〜〜。
Life is short, So we have to enjoy!
って私のカナダ人の友人が随分前に言ってくれた言葉です。
ほんっとに短いよね。自分に優しく、他人に優しく。丁寧に生活していきたいと思っています(^_^)v
| ミュウ | 2006/06/12 9:36 PM |

こどもの頃、25歳って大人と思っていたけど、なってみるとスゴク子供だったりして。
時間、大切にしないとなぁ…って思うようになりました。
長いようで短いって本当ですよね。
素敵なことば、ありがとうございました(^_^)☆
| ayuayu | 2006/06/13 1:47 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Archives
Recommend
バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)
バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書) (JUGEMレビュー »)
バシャール,ダリル・アンカ
今更ですが(笑)バシャールです。
山が違っても目指す頂上は一緒という話しで、この本も、ああ、同じことを書いてあるなって思えるわかりやすい本です。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

ハンズオンヒーリングに興味のある方へのお奨めです。
Recommend
ちっちゃいおっちゃん―笑って学べる心のおべんきょう
ちっちゃいおっちゃん―笑って学べる心のおべんきょう (JUGEMレビュー »)
尾崎 里美
里美先生のわかりやすくて面白い本です。どなたにもお奨め(笑)
Recommend
ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫)
ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫) (JUGEMレビュー »)
ディーパック・チョプラ
ハードカバー(タイトルは違いましたが)が単行本になりました。

これもとってもお奨めです。
Recommend
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ
spiritualな事に興味を持ったらとりあえず読んでみてっていう感じの本です☆
Recommend
アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人 (JUGEMレビュー »)
さくら ももこ,エンリケ バリオス
子供向けだけど愛と叡智に溢れあ作品 一度是非読んで見てください☆
Recommend
全身「からだ革命」
全身「からだ革命」 (JUGEMレビュー »)
草刈 民代
踊るのが怖くなっていた時、この本を読んでなんだか背中を押してもらった気がしました(^^)
Recommend
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール, Eckhart Tolle, あさり みちこ, 飯田 史彦
目から鱗って感じでお勧め!
Recommend
そらのいろみずいろ
そらのいろみずいろ (JUGEMレビュー »)
下田 昌克
ともかく色が綺麗。生きてる絵本。
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links