雲の上はいっつも晴れ

隠れ家的 癒しの町家「Seeds of Love」のミュウの独り言 and サロンでやってる企画のMCなどを書いています。
今日は全く新しい一日。皆さんに沢山いい事がありますように☆
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セアロ・・・続き | main | 空が高い! >>
# グレイのしっぽ
グレイのしっぽ
グレイのしっぽ
伊勢 英子

以前、サイドバーでも紹介した事があるんだけれど、ある絵描きのお家にやってきたハスキー犬の子犬グレイの毎日が、イラスト満載の本になってる三部作の完結編が、この本です。
グレイがまってるから」「気分はおすわりの日」そうやってドタバタの内に忍び寄るグレイの病気。二作読み終えた時点で、なんかグレイが病気にかかって死んだで有ろう事は想像できるんだけど、そこは詳細には語られていなくて、この三作目が、グレイの闘病記のようになっています。

この本今日紹介するのは、このblogにも時々遊びに来てくれてるayuayuさんの飼ってる犬が10歳で突然立てなくなって今、生死の境をさまよってるって聞いたから。
家のロッキーも10歳なんで、全然人ごとじゃない。
グレイのシリーズでこの三作目を読むのは辛かったです。
もうね。本当、犬をかった事のある人なら誰にでもわかる辛さなんだよ。
私が実家に居た頃いた犬は全部で三匹。一匹目は小さすぎて覚えてないけれど、小学校だった頃の二匹目からは、全部鮮明に覚えてます。
泣いて、泣いて、でもやっぱりあの黒いまっすぐな目を見たくて、又新しいワンコを迎える。

そうやって、結婚してからも今のワンコを迎えました。
赤ちゃんを二度、失ってからだったから回りには随分、反対されたけど、今のワンコがいてくれたから、私は父を亡くした時も、赤ちゃんを失った悲しみも乗り越える事が出来た気がする。犬は、子供のいない夫婦にとっては子供のようになる。
二人が少しでも声をあげると喧嘩と勘違いして、ほえるし、いつも笑いが絶えない。
だから、いつか、その日が来ることが、正直怖い。

でもね、この本を読んで、犬にはいつも「今」しかないことをそして、人もそうだけれど
命の終わりが終わりでないことを私はもう知っている。

父が逝った時もそう思った。こうやって死んでみせる事で、親として最後に色んなことを教えてくれてるんだなって。この世の乗り物としての身体を離れて魂にかえっていっても、父はいつでも心の中にいる。
大切なのは、いかに関わったか。どう生きたか。
赤ちゃんのことは、中々腑におちることに時間がかかったけれど、今は理解してる。
あの子たちが私の身体に宿ってそしていなくなってしまった事の意味を。
完全にとはいえないけれど。

・・・って。話が大幅にずれたけど^^;
ムツゴローさんが言ってた。
「犬を見送って、もう二度と飼わないという人がいる。その子に代わる子はいないと。
でも、そんな人にこそ是非、新しい犬を迎えて欲しい。
人が一人一人違うように犬も一匹一匹違う。代わりは勿論いないけれど、私は飼い続けて欲しい」って。
最近紹介した「子犬のカイがやってきて」もそうだし、ムツゴロウ王国でもそうだけれど、生死は普通にやってきて普通にさっていく。
私も今のワンコがいなくなったら、絶対新しいワンコを又迎えようと今から思ってる。
ただ、そうはいっても現実が目の前にきたらおおいにうろたえ、おろおろし、そしていなくなったら涙にくれるのだろうけれど。

精一杯、生きたら、精一杯死ねる

これはセアロの言葉だけれど、ワンコは人間と違って、本能的に一瞬一瞬が一生だって知ってるからいつでも精一杯生きてる。精一杯生きてないワンコなんて見たことがない。
だから、彼らは精一杯死ねるんだよね。
| comments(1) | trackbacks(1) | 09:42 | category: 犬の話 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:42 | category: - |
コメント
ayuのこと(ってかハリーだけど)書いてあってビックリした。
ハリーはあれから、立てるようになって何故かお散歩してます…。
ハリーの前に兎を飼ってて…だから「死」を経験するのはもう嫌だったんだけど、ハリーが我が家に来て…いつかみんな空に消えていくけど、ハリーはまだ地球に残る事に決めたらしい。お薬なしでハリー本来の人生を経験させようってことにしたら、どんどん回復してきてて…どうなる事やら…って感じ。
きっとハリーと別れてもまた、ラブを飼うんだろうな…私。。
| ayuayu | 2006/09/29 6:48 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2匹目。
知り合いのお宅がつい最近2匹目のワンを迎え入れ、その子犬ちゃんの画像にメロメロな私。 やはり子犬はかわいいですねー。 そのお宅の先住犬をずっとレッスンで見てきたのですが、山あり谷ありいろいろ乗り越え、ひと段落したので念願の2匹目が来たわけです。
| 愛犬のしつけ〜ECO☆DOG | 2006/09/08 10:08 AM |
Selected Entry
Archives
Recommend
バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)
バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書) (JUGEMレビュー »)
バシャール,ダリル・アンカ
今更ですが(笑)バシャールです。
山が違っても目指す頂上は一緒という話しで、この本も、ああ、同じことを書いてあるなって思えるわかりやすい本です。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

ハンズオンヒーリングに興味のある方へのお奨めです。
Recommend
ちっちゃいおっちゃん―笑って学べる心のおべんきょう
ちっちゃいおっちゃん―笑って学べる心のおべんきょう (JUGEMレビュー »)
尾崎 里美
里美先生のわかりやすくて面白い本です。どなたにもお奨め(笑)
Recommend
ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫)
ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫) (JUGEMレビュー »)
ディーパック・チョプラ
ハードカバー(タイトルは違いましたが)が単行本になりました。

これもとってもお奨めです。
Recommend
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ
spiritualな事に興味を持ったらとりあえず読んでみてっていう感じの本です☆
Recommend
アミ 小さな宇宙人
アミ 小さな宇宙人 (JUGEMレビュー »)
さくら ももこ,エンリケ バリオス
子供向けだけど愛と叡智に溢れあ作品 一度是非読んで見てください☆
Recommend
全身「からだ革命」
全身「からだ革命」 (JUGEMレビュー »)
草刈 民代
踊るのが怖くなっていた時、この本を読んでなんだか背中を押してもらった気がしました(^^)
Recommend
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール, Eckhart Tolle, あさり みちこ, 飯田 史彦
目から鱗って感じでお勧め!
Recommend
そらのいろみずいろ
そらのいろみずいろ (JUGEMレビュー »)
下田 昌克
ともかく色が綺麗。生きてる絵本。
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links